第19回アマチュア修斗 全日本選手権

漢道(格闘技)

久しぶりの更新になります。

9月2日にガッツマンから出場する高鍋明大選手のセコンドで小田原に行ってきました。

カメラマンの出浦さんのお手伝いをするという交換条件で車に乗せていただきました。
かなり快適に行く事が出来ました。ありがとうございます!

IMG_1422
開会式のあと、オールラウンダー廻の作者、遠藤浩輝先生にサインをしていただきました!
ありがとうございます。
帯には「人は一人では強くなれない!」と書いてありました!
修斗を知らない人にはいつもとりあえず読むように薦めています!!

それでは試合の様子を

高鍋選手の一回戦 VS赤間圭選手。

ファーストコンタクトで積極的に出したキックをキャッチされテイクダウンされてしまいます。
しかし、下からの仕掛けですぐに三角絞めの形にもっていきます。
相手選手、身体が強いのでなかなか極めさせてくれません。
三角絞めから腕十時、オモプラッタと変化させてがっちに腕を極めます。
相手選手、暫く我慢しましたがタップをし見事一本勝ちを収めました!

準決勝戦 VS河野将志選手。

高鍋選手、打撃を出してすぐに組み付きいい形を作ります。
一気にテイクダウンを狙いますがコーナー際だったので投げきる事が出来ず、逆に上を取られてしまいます。
そのまま抑え込まれてしまいます。
上手く身体を動かしじょじょに体勢を整え、ひっくり返り上を取り返します。
下から脚が非常に良く効くので、なかなかパスガードをする事が出来ません。
高鍋選手、下から腕を取られてアームロックの形にされてしまい、スイープされてしまいました。
その後すぐに脚関節を取りにいきますがここで時間切れとなりました。
 結果は0−3の判定負けでした。

 

プロ昇格するかと思いましたが、現時点ではまだのようです。

アマ修斗 9/2 全日本選手権の結果を踏まえたプロ昇格者(その1) | 日本修斗協会・公式ウェブサイト・

 

今回久しぶりに全日本アマチュア修斗を見に行きましたが、リングが二つあり凄いスムーズに試合が進んでいました。
またリングの前にバスケットの得点表を使って何試合目か分かるようになっていて細かいですが、アップとかやりやすかったです。

最後に鈴木先生がこれからのアマチュア修斗の変更点などを説明していました。
僕の感想では運営の負担を減らして大会を行いやすくしていこうって事なのかな、と思いました。
例えば、グローブ持参っていうのは、剣道も竹刀は持参しているし、きちんとチェックすれば問題ないのかと考えます。
大会が増えれば選手が経験を積む場が増えるので、修斗や総合格闘技がいっそう盛り上がってくれそうです!

高鍋君はプロ昇格はまだ確定してないですが、体格が近い選手で一緒に練習しているのでまたお互い強くなっていきたいと思います!!

タイトルとURLをコピーしました