山三問答

漢道(格闘技)

昔、山三先生という漢(おとこ)ありけり。

山三先生が和敬塾教養講座修斗の練習に鳩胸を貸しに来てくれました。
渋谷で勝負があるということなので、渋谷に向かうには僕の部屋からが便利という事で、あり難く僕の部屋を寝床として使っていただきました。

眠気のために少し意識が遠のいている時に、山三先生が
「おい、村山!
お前はどこに向かっているのかい?」
とふとつぶやきました。
僕は言葉に窮しました。
果たして何処にいこうとしているのか…
強くなりたいけど強さとは一体…

迷った末、正直に僕は
「わからないです…
どうすれば山三先生のように一心不乱に一つのことに向かえるのですか?
どうしらいいのかわかりません。」
と涙ながらに応えました。

山三先生は微笑みながら
「それでいいんだ。
人はみな旅人。目的地なんてないんだよ。
一生勉強。人との繋がりを大事にしなさい。」
と教えてくれました。
僕はそれを聞きひとまず安心してこれからも頑張っていこうと決意しました。

タイトルとURLをコピーしました