足払いのコツを自分なりに説明

今日は、1週間ぶりに立ち技を中心に柔道を行いました。
Youtubeで掴んだイメージをもって、足払いを中心に練習しました。
言語化するといいって聞いたことがあるので、自分なりにまとめてみたので参考にしてみてください。

ケンカ四つでの場合です。自分は左構えですので、右構えの方は逆になると思います。
前足である左足で相手の右足を払いました。
この時、左足で大きく払おうとすると燕返しをされてしまいます。
ゆっくり、足を当ててそこから相手の対応を感じながら徐々に後ろの方へ崩していきます。
足だけだと相手を崩せないので、上半身はハンドルを握っている感じでバランスを崩します。
軸足になっている右足は膝を曲げて余裕を持っておきます。こうすることで、ケンケンして相手を追っていけます。
払う側の左足も少し曲げておいた方が余裕がある気がします。

言葉だけでは伝わりづらいかもしれませんが、誰でも分かるように、色々な技術を、出来るだけ言葉でも説明できるようにしていきたいと思います。

将来的には動画も作っていきたいですね。
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました