袈裟固めからの逃げ方

袈裟固めからの逃げ方は、どうしたらいいのかと聞かれたので、まとめてみたいと思います。

袈裟固めからの逃げ方は、大きく3つあると思います。
・足を絡む
・反対側に返す
・腕を抜く

足を絡む

相手の方に近づいていって、足を絡む。相手の足が立っている時に狙うといいと思います。

反対側に返す

相手の方に近づいていって、お腹の上に乗せて反対側に返す。相手の体が自分を抑え込もうと起きている時に狙うといいと思います。

腕を抜く

地面に肘打ちをするようにして腕を抜く。脇から腕が抜ければあとは下を向いていくとうまく逃げることができます。脇が硬くて腕が抜けない時は、手で自分の足を持って、足の力も利用して脇を広げて逃げるといいと思います。

この3つを利用していけば逃げやすいと思います。
他には、顔を押して足をかけるとかもあると思います。

袈裟固めは、大きな人が小さな人を抑えるのに有効と言われていますが、きっちり抑え込まれてしまうと同体格でも逃げづらいと思います。
自分としては、足を絡もうとしたり、反対側に返そうとしたりしつつ、最終的には腕を抜いて下を向きつつ逃げるのがいいと思います。

今回は、袈裟固めからの逃げ方をまとめてみました。ぜひ試してみてください。
他にも逃げ方があると思いますので、教えてもらえたら嬉しいです。

最後までお読みいただき今回もありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました