道場内では帽子を被らない

道場内では帽子を被ってはいけないということを教わっていたので、道場で帽子をかぶっている方がいたので、その事について指摘をしてしまいました。
自分としてはマナーだからとか、そう決まっているからとしか説明ができないので、きちんと説明したいと思いました。

そんな時は、Yahoo!知恵袋。ということで最適な回答がありました。

Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413773794

まとめると
江戸時代には帽子を取ることは、兜を脱ぐのと同じことで相手に対して敵意がないことを示す事になったようです。
逆にいうと、帽子をかぶっているのは敵意の現れになってしまうわけですね。

現代は価値観も多様化しているので一概に帽子を脱がないといけないというわけではないですが、自分のように気になってしまう人もいるので、帽子は脱いだ方がいいかもせませんね。

自分も知らず知らずのうちに、マナー違反なことをしてしまっているかもしれないのできちんと勉強していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました