プロは試合で何を見せるか?

漢道(格闘技)

日曜日は朝からクラスが詰まっています。

10:00からの打撃クラスには、お仕事が忙しくてなかなか来れなかった方も来ていただき、たくさんの方達で盛り上がった稽古をすることができました。
まだまだ忙しそうではありますが、時間を見つけて道場に来てくれてるのは嬉しいですし、有難いですね。

11:45からは、キックボクシングスパーリングクラスでした。
こちらには、先週体験に参加してくださった方が、トライアル入会を利用して参加してくれました。ボクシングの経験があって、キックボクシングもやっていたということで、とても上手かったです。きちんと練習をしてきていたのが伝わりました。スパーリングをした道場生も、いい経験になったようです。
初心者の方も入っているので、危なくならないように、ゆっくり強くならないように気をつけながら行いました。

12:30からのレスリング・総合クラスでは、タックルの打ち込みをした後に、壁に押し込んでからのテイクダウンの打ち込みをしました。この技は、以前、石渡伸太郎先生に教えていただいた技術です。伝えることで、再度技術を確認することができました。
最後に、片方がタックルに入って、もう片方は受けてから切る限定スパーリングをしました。皆、タックルをうまく入れるようになってきて、切り方もうまく出来るようになってきて、いい攻防ができました。

終わった後の雑談の中で、道場生の方が、スタミナがあるのが一番かっこいいとおっしゃっていたのを聞いて、僕の師匠であるガッツマンの桜田直樹先生の言葉、

「プロは、試合で何を見せるのか?技術なのか、気持ちなのか。気持ちは体力。体力をつけるには、たくさん練習をすること」

ということをおっしゃっていたのを思い出しました。
改めて、継続こそ力、たくさん練習して技術はもちろんですが、体力をつけて折れない心を身につけたいと思いました!

タイトルとURLをコピーしました